クレジットカード審査基準ガイドについて

 クレジットカードには様々な種類があります。十分にカードの特典等を比較して、ご自分のライフスタイルにあったカードを探して見てください。また、クレジットカードを申し込んだ際に、その人に十分な返済能力があるかどうか審査を受けることになりますが、ここで返済能力がないと判断された場合、カードを作ることは出来ませんのでご注意下さい。その他、クレジットカードのポイントのため方、マイルのため方などクレジットカードの活用術を紹介しています。是非ご参考に。

コンテンツ一覧
クレジットカード審査基準ガイド 新着情報

クレジットカードについてご紹介します。クレジットとは、英語のcredit(信用)を意味します。一般的にconsumer credit(消費者信用)を指してます。つまり、クレジットカードとは利用者(消費者)の信用に基づいて発行されるカードのことで、利用者はこのカードを利用して、予め定められた条件(有効期限や利用限度額等)の範囲から、代金後払いでの商品を購入したり、サービスを受けることが可能えす。

クレジットカードを申し込みの時にカード会社があなたが信用できる人間かどうかについて審査をおこないます。審査に通らなければクレジットカードは発行されません。また、あなたの信用状態によってカード利用限度額が決められます。現在の日本で発行されているクレジットカードの発行枚数は、2007年時点でなんと約3億枚にものぼるといわれています。日本の人口が1億2000万人です。

労働人口が7000~8000万人だと仮定したとしても、1人あたり約4枚のクレジットカードを持っていることになります。要するに、現在の日本においてクレジットカードを持っていない人は、むしろ少数派になりつつあります。それだけクレジットカードが身近になってきていることがわかります。クレジットカードの種類も様々なものがあり、20代のためのクレジットカードや、富裕者層向けのゴールドカードやプラチナカードもあります。学生のための学生カードや女性のための女性向けカードというように様々なジャンルにわかれてクレジットカードは発行されています。

ジャックスカードについてご紹介します。ジャックスカードのクレジットカードの発行会社は株式会社ジャックスです。そして美otope(ビオトープ)カードも株式会社ジャックスで発行している女性専用のクレジットカードです。3種類のカードデザインがあり(「美otope カード・ブーケ」、「美otopeカード・ピュア」、「美otopeカード・ティアラ」)から一つ選ぶことができます。

クレジットカードのポイントの主な利用方法は景品と交換できます。景品カタログに掲載の景品と交換することができます。またギフトカード等と交換することができます。ジャックス三菱UFJニコスギフトカード、QUOカード、マックカード(マクドナルド)、Amazon®ギフト券などと交換することができます。これは400ポイントを2,000円分と交換出来ます。

他にもマイレージに移行することができます。マイレージはANAマイレージクラブに移行することができて1ポイントを2マイルに換算して移行することが出来ます。ちなみに200ポイント以上100ポイント単位で移行となります。その他のポイントに移行したい場合はドコモポイント、auポイント、T- POINT、楽天スーパーポイント、G-Point、Yahoo!ポイント、ベルメゾン・ポイントに移行などに移行できて1ポイントを5ポイントに換算して移行することが出来ます。こちらも200ポイント以上100ポイント単位で移行となります。

TOP&カード(一般カード) についてご紹介します。TOP&カード(一般カード)のクレジットカードの発行会社は東急カード株式会社です。TOP&カード(一般カード) は「オートチャージサービス」を申し込むとPASMOの残高が少なくなった場合に自動改札機を入場する際にPASMOに自動でチャージすることができます。

この代金は、「TOP&カード(一般カード)」を利用した代金として、銀行口座から自動引き落しとなります。オートチャージサービスの申し込みは、「TOP&カード(一般カード)」取得した後に別途でおこなえます。ショッピングの場合には、1回払いはもちろん2回払いやボーナス1回払いも手数料は無しです。またボーナス1回払いは、利用する店舗によって使うことができない場合が有ります。

ポイントについては、つぎの「TOKYUポイント」と「クレジットポイント」の両方を貯めることが可能です。その内、どちらが貯まるかは利用する店舗によって決まります。「TOKYUポイント」はTOKYUポイント加盟店(東急グループ)でのショッピングなどのクレジットカード利用で貯まっていきます。TOKYUポイント加盟店によってポイント率が異なります。

次に「クレジットポイント」とは一般のお店(TOKYUポイントの非加盟店)とTOKYUポイント加盟店のどちらでも貯めることができます。また TOKYUポイントの加盟店では、このクレジットポイントの他にもTOKYUポイントも貯まります。1回のお買物で、両方のポイントが貯まりますのでお得ですよね。クレジットポイントは、カードを利用すると500円毎に1ポイント貯まります。

東京メトロ To Me CARDについてご紹介します。このクレジットカードの発行会社は東京地下鉄株式会社です。To Me CARD 一般カードの発行会社は東京地下鉄株式会社で東京地下鉄株式会社と三菱UFJニコス株式会社との提携クレジットカードです。クレジットカードの発行は、三菱UFJニコス株式会社が行います。

ポイントは、以下のポイントプログラムである「わいわいプレゼント」と「メトロポイント」の両方を貯めることが可能です。その内、どちらが貯まるかという点は、利用する場所やサービスによって決まります。ポイントプログラム「わいわいプレゼント」の貯め方はショッピング等のTo Me CARD利用で貯まります。1000円毎に1ポイントが貯まります。

貯めたポイントは、希望の商品と交換すること出来ます。また200ポイントをメトロポイントの1000ポイントに交換すること出来ます。「メトロポイント」の貯め方は東京メトロを1乗車する度に、2ポイントが貯まります。但し、1乗車の全区間が定期券を利用した場合には、メトロポイントは付きません。1乗車の部分的な区間が定期券の利用の場合、そして全区間が定期券を利用しない場合にはポイントが付きます。

このポイントサービスを「SF乗車ポイントサービス」というように呼んでいます。「SF乗車ポイントサービス」を利用するためには、To Me CARDを取得した後に「SF乗車ポイントサービス」の申し込み手続きが必要となります。これは一度ですみますので乗車の度に手続きを行う必要は有りません。貯めたメトロポイントを東京メトロのポイントチャージ機でPASMOにチャージすることが出来ます。メトロポイントの1,000ポイントを1,000 円の割合でPASMOにチャージすることが出来ます。

東京電力Switch!カードについてご紹介します。クレジットカードの発行会社は東京電力株式会社です。提携ブランドはVISA、MASTER、 JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブです。機能はETCカード、ICカード、プラチナカード、ゴールドカードです。東京電力 Switch!カードの一般カードは発行会社が東京電力株式会社です。このカードは東京電力株式会社と三菱UFJニコス株式会社との提携クレジットカードです。

カード発行については、三菱UFJニコス株式会社が行います。ショッピングの場合には1回払いはもちろんですが、2回払いやボーナス1回払いでも手数料が無料(実質年率0%)となっています。ポイントの利用方法については次のとおりになっています。貯めたポイントは、以下から希望の一つのコースをクレジットカードを入会する時に選択して利用することが出来ます。ちなみにコースは、入会した後に変更することができます。

まずは・Switch!セレクションコース (ポイントをカード会社カタログに掲載の商品と交換するコースです。)、・ANAコース (2ポイントをANAマイル 5マイルに自動的に替えるコースです。)、・JTBコース (1ポイントをJTBトラベルポイント 5ポイントに自動的に替えるコースです。)、・伊勢丹コース (200ポイントを1,000円分の伊勢丹商品券に自動的に替えるコースです。)などがあります。

他にも高島屋コース (1ポイントをタカシマヤカードポイント 5ポイントに自動的に替えるコースです。)、・東急コース (1ポイントをTOKYUポイント 5ポイントに替えるコースです。)、・三越コース (200ポイントを1,000円分の三越商品券に自動的に替えるコースです。)、・auコース (1ポイントをauポイント 5ポイントに自動的に替えるコースです。) となっています。

サイト情報